岡山で大正琴を習うなら松村有乃佳大正琴で音を楽しく、美しく
 
<< 岡山市立山南公民館「健康まつり」(*'▽') | main | 健康まつり で元気講座講演 (^^)v >>
今日9/9は「大正琴」誕生した日

 < 大正琴記念日 >

1912年(大正元年) 9月9日
名古屋の大須観音で初お目見え。
生誕 106年  \(^o^)/
   
松村有乃佳大正琴自慢の「大正琴」
 販売:みゅーじっくらいふ琴友夢(kotomu)
 製作:三創楽器製作所(浜松)
   
   
日本で生まれた初めての洋音階(ドレミ)の
楽器。製作者森田吾郎(本名:川口仁三郎)
一般庶民が音楽に親しんでほしいと開発。
   
明治時代に伊藤博文氏とヨーロッパに渡り
目にしたピアノに感銘を受け、発明家の
森田氏が開発(明笛の名手でもある)
   
鍵盤はタイプライターのボタンがヒント。
   
9月9日は「菊の日」でもあったので
当初は「菊琴」とも呼ばれ、大唱琴とも
時代の名を残す如く「大正琴」となった
と聞いている。
   
森田氏はこの楽器でクラシックを弾きたい
との念願であった。。。そうな
   
元々はお膝の上に乗せ弾くことができるよう
50僂曚匹猟垢気△辰拭8什澆70〜80僉
様々な流会派が存続しエレキ大正琴(電気音)
や弓で奏でる「弓琴」も普及している。
     
各流会派やグループで楽譜記載や姿勢
演奏法に特色がある。
   
  
岡山市民会館での「よろこびコンサート」↑
ステージ風景 カッコいいですねー(自我自賛)
   
1952年に亡くなられた森田氏
生涯学習の一環として、目を見張るような
普及をどんな風に感じられるのだろうなー。
   
今日は大正琴がお目見えした日(^^)v
   
作ってくれた人があり
大正琴に出合えたこと
楽器に親しめる人生と仲間
  
そんな自分の大正琴音楽歴史を
振り返りつつ
大好きな曲を弾いてみましょう
   
(^^♪ ラララ〜ン (^O^)/
   
【2018.09.09 Sunday 10:25】 author : kotomu
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kotomu.jugem.jp/trackback/1594
トラックバック
にほんブログ村 音楽ブログへ