岡山で大正琴を習うなら松村有乃佳大正琴で音を楽しく、美しく
 
<< 2018年8月 皆様ありがとうございました。 | main | 岡山市立山南公民館「健康まつり」(*'▽') >>
9月のスタートは氏神様詣りから。
< 長月9月>今日は小雨。
   
毎月お詣りできるわが身の健やかさに感謝し
ながら、現実から離れ自分と向き合う時間。
   
最近は狛犬さんを撮ることが楽しみです(笑)
毎度、違った顔を見せてくれる気がして(笑)

   

IMG_0026.JPG

   
「阿吽」の呼吸。
阿形(あぎょう)吽形(んぎょう)『 あ 〜 ん 』 
初めから終わりまでと言う意味があります。
   
 今日の狛犬さん何思う
秋がくるね  だよ と 阿
木々の彩り  だと 吽
   
青もみじからの狛犬さん・・可愛かったな。
   

IMG_0027.JPG

   
しとしと降り落ちる雨を感じながら
「雨」ってなんで?雨って字なんだろう
   
と疑問が。
   
「雨」は草木を潤す水神として考えられた。
へぇ〜!!!!!
   
少しの疑問を調べてみると
何だか得した気持ちです。
   
雨 と言う字の一番上の『 一 』
その下の『 Π 』天と言う意味
天の雲から水滴がしたたり落ちるさま
だそうです。
  
中の   、、 、、 雨だれなんですね。
   
当たり前にある水も、天からの恩恵。
考えてみると不思議なことです。
   
程々の雨はいいけど、災害を引き起こす
雨は遠慮したいものです。
   
雨降りには、何を連想するでしょう。
   
♪雨に濡れても
♪雨だれぽったん 曲が浮かんできました。
   
幼稚園ころ、黄色い長靴を履いていて
(その頃から黄色なんだわ)雨の日、
わざと水たまりに入り「ジャブジャブ」
長靴の中に水が入って、ビチョビチョ(涙)
   
家に帰って、叱られた事思い出しました。
( ̄∇ ̄;)ハハハ
   
いまだに好奇心旺盛です。
その長靴にはひよこの絵がついていた。
   
ふと思い出せること・・・それは自分の歴史。
     
【2018.09.01 Saturday 16:38】 author : kotomu
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kotomu.jugem.jp/trackback/1592
トラックバック
にほんブログ村 音楽ブログへ